Pocket

真正包茎治し方は、大きく分けると

自分で治す方法と手術の2種類です。

 

 

また、手術の場合は、包茎専門クリニックで受ける事も出来れば、

病院の泌尿器科でも包茎手術を受けることが出来ます。

 

 

泌尿器科で受ける場合は、保険適用となり、

費用も安価ですむのですが、

包茎専門クリニックと泌尿器科

どちらで受ける方が良いのでしょうか?

 

 

どうやって治していくのか、

真正包茎はそのままだとやっぱり恥ずかしいですもんね。

 

 

ここでは、真性包茎の治し方と、

手術は泌尿器科と包茎専門クリニックの

どちらで受ける方が良いのか解説します。

 

 

真正包茎の治し方

冒頭でも書いていますが、真正包茎は自分で治す方法と、

手術で治す方法が有ります。

 

 

まずは自分で治す方法を見ていきましょう。

 

真正包茎の自分で治し方

真性包茎は、包皮の先っぽ(包皮口)が狭い事によって、

亀頭を露出させる事が出来ない状態ですよね。

 

 

ですから、真正包茎の治し方は包皮口を少しずつ広げていく必要が有ります。

 

 

一気に広げようとするのは痛いですし、

切れたり広がらないと思いますから、無理は禁物です。

 

 

包皮口を広げる方法としては、

むきむき体操が有ります。

 

むきむき体操についてはコチラにも書いています

真正包茎の原因は何?デメリットはにおい以外に不妊も関係している?

 

 

このむきむき体操は、朝昼晩に20回、

剥ける所まで剥く、皮を戻す運動をする体操です。

 

 

もともとは、幼少期などに親が子供にしてあげる体操なのですが、

大人でも有効ですので、むきむき体操をしましょう。

 

 

ただし、自分で亀頭を剥こうとすることにより、

痛みを伴ってむきむき体操すらできない場合は、

病院で治療を受けるようにしましょう。

 

 

他にも、真正包茎専門の器具などを使用する方法も有りますが、

基本的には包皮口を広げて、亀頭を露出させる事を目的としていますので、

自分でする場合はむきむき体操で十分です。

 


自分でするのは時間も手間もかかる

真性包茎を自力で治そうとむきむき体操を行っていても、

全く症状が改善されない場合もあります。

 

 

通常であれば毎日続けていると、

6ヵ月ほどで自然と剥けてくるという方が多く、

もしもそうでない場合は改善が難しい状態だと思います。

 

 

その場合の真正包茎の治し方は手術のみになりますね。

 

 

 

また、むきむき体操が功を奏して、

包皮口が広がり亀頭が露出できるようになったとしても、

まだ仮性包茎の状態です。

 

 

包茎を完全に治すには、その状態から露茎状態にする必要があり、

まだまだ時間と手間がかかります。

 

関連記事

露茎のメリットとデメリットとは?包茎よりも露茎が断然良い!?

 

 

むきむき体操でここまで頑張ってきても、しばらくほおっておくと、

また元に戻ってしまう可能性もありますから、

むきむき体操も続けていく必要が有ります。

 

 

時間を手間を惜しむなら、

やはりここは手術で完全な露茎を目指す方が早いですよね。

 

 

真正包茎の治し方は手術が早い

真正包茎を治すならやはり、自分で時間と手間をかけてするよりも、

手術をしてしまうのが一番早いです。

 

 

手術をする場合は、真正包茎でしたら、

一般的な病院の泌尿器科で受ける事が出来ますし、

もちろん、包茎専門クリニックでも受ける事が出来ます。

 

 

どちらにもメリットデメリットが有るのですが、

泌尿器科は、保険が適用されるので、

とても安い料金で手術が受けられます。

 

 

一般的には約2~3万円の費用で済みますからとっても安いですよね。

 

 

しかし、泌尿器科の包茎手術は安いだけあって、

仕上がり具合やその後の性行為の事については考えられていません。

 

 

残念ながら、泌尿器科は包茎専門ではなく、

色々な症状の患者さんが来られます。

 

 

包茎手術は「見ようみまねでしている医師もいる」と聞きますしね。

 

 

その為、ツートンカラーになってしまったり

傷口が見える位置に出来てしまう事も有ります。

 

 

要するに、「みてみて、包茎手術受けてきましたよ!!」って、

何も言わなくてもわかるぐらいの仕上がりになります。

 


また、その後の性行為について考えられていませんので、

「手術をしてから感度が悪くなった」

「挿入しようとすると痛くて全く楽しめなくなってしまった」

こんな事が起きるかもしれません。

 

 

泌尿器科で手術する場合は、上記も踏まえて、

「見た目なんか全然気にしない」

「一生、性行為しないから痛くてもOK」

ただ、病気の予防だけの為にするのであれば泌尿器科でもOKです。

 

 

真正包茎を綺麗に治すなら包茎専門クリニック

でもやっぱり、

「性感帯も大事だし、見た目も仕上がりも気になる」のであれば、

専門のクリニックで手術する事をおススメします。

 

 

費用はそれなりにかかってしまいますが、

「ナチュラルな仕上がり」に出来るのは、

毎日包茎手術を行っている

包茎の専門医でなければ出来ませんからね。

 

 

結論として、真正包茎の治し方は手術が最適ですが、

泌尿器科で手術を受けるのであれば、仕上がり具合は覚悟が必要でです。

 

 

ですので、少しお金はかかりますが、

自然なペニスを手に入れて、

彼女を満足させるには包茎専門クリニックをおすすめします。

 

 

包茎手術を決めたら、次はクリニック選びにGO!

包茎クリニックの選び方で成功か失敗か決まる!?失敗すると大変!!