Pocket

カントン包茎治し方ですが、かんとん包茎を治す場合は

皮が戻らなくなってしまっているので、手術が必要です。

 

 

無理に剥いて戻らなくなった状態がカントン包茎ですので、

包皮口が亀頭を締め付け、大きく腫れ上がる上、

うっ血も出だしたら危険です。

 

 

このような場合は、

最悪の場合は、壊死してしまう為、

すぐに手術を行わなければならないと言われています。

 


ここでは、カントン包茎の治し方について、自力で行う方法と、

包茎手術によって治療を行う場合とに分けて解説します。

 

 

カントン包茎の治し方


軽度のカントン包茎の方の場合は、亀頭が締め付けられたとしても、

自力で元に戻せる包茎となり、この場合は自力で治すことができる場合があります。

 

 

自力でのカントン包茎の治し方は、市販されている包茎矯正グッズを使用すのも良いと思います。

 

 

人間の皮は伸びますので、包皮口を広げる器具を使い

毎日トレーニングすれば徐々に広がるようになります。

 

 

また、毎日の入浴の時などに包皮口を少しずつ広げていきます。

毎日行い慣れさせていくことで、カントン包茎が治ることもあります。

 

 

むきむき体操なども良いですね。

 

 

この時、一気に引っ張ってしまうと、

包皮口が戻らなくなってしまい、

うっ血を起こし、取り返しのつかないことになってしまう可能性もある為、

注意して行うようにしてください。

 

 

重度のカントン包茎の方の場合は、

手術による包茎治療を受けることをおすすめします。

 

 

カントン包茎の場合は、背面切開法で包皮口を広げ、

その後亀頭直下埋没法で余った包皮を切除し、

見た目にも自然な仕上がりとする手術法にて行います。

 

 

カントン包茎で戻らない場合はすぐに手術が必要

カントン包茎の方が何らかの理由により

包皮が戻らなくなってしまった場合は患部がうっ血し、

血流が阻害されてしまう為、すぐに手術を行わなければなりません。

 

 

その際、背面切開法亀頭直下埋没法による包茎手術を行います。

 

 

必要となる包茎手術の費用については、その症状によって異なりますが、

相場として25000〜400000円となります。

 

 

このうち、実際にカントン包茎である為に

・痛みにより性行為や日常生活において支障がある場合

・亀頭包皮炎を繰り返している

・包皮口が狭く、絞約されているために亀頭や包皮が常に腫れた状態である

 

という条件に該当する場合は、保険治療となる可能性があります。

 

 

しかし、保険治療となるか否かについては、

執刀する医師の判断によると言われています。

 

 

保険治療となった場合は、手術費用が抑えられる為、

受ける側としても費用面においては不安なく治療に臨めることになりますね。