Pocket

包茎陰茎癌の原因になるなんてちょっと衝撃ですよね。

 

 

包茎は、ただ単に“においがきつい”とか“不潔”な状態だけだと思っていたら、

大間違いでした。

 

 

そこで、包茎陰茎癌の関係性について紹介します。

 

 

陰茎がんとは?

陰茎がんは男性の悪性腫瘍のなかで、

日本では人口10万人中0.2人~0.4人の発生頻度と

報告されている非常にまれながんです。

 

 

陰茎がんは、痛さがないものです。

がんは亀頭半分陰茎半分の割合で発症し、

悪化すると海綿体や尿道にまで広がり、排尿が難しくなるケースがあります。

 

 

がんが大きくなってしまうと、こぶやイボののような潰瘍や、

がんが潰れて出血することが見受けられます。

 

 

また、陰茎癌は鼠径部(そけいぶ)のリンパ節に転移することが多いので、

進行すると鼠径部のリンパ節をかたく触れるようになります。

 

 

これがより一層増大すると、リンパの停滞して、

足にむくみが出てくることが起きます。

 

 

恥ずかしい部位というイメージから病院で診察してもらうのが遅くなり、

手遅れになる事が多いです。

 

 

異常を感じたら、すぐにみてもらうようにしましょう。

 

 

陰茎癌の発生原因は包茎?

陰茎癌の原因は不潔な環境で

細菌が繁殖しやすい状態にある事があげられます。

 

 

包茎も不衛生になる理由の一つですから陰茎癌の原因になります。

 

 

特に真正包茎は清潔な状態に維持するのが難しい為、

がんになる可能性が高くなってしまいます。

 

 

逆に、割礼を行う地域では陰茎癌の発症がほとんど見られない様です。

 

 

また包茎以外にも、喫煙やウイルスによる感染など言われていますが、

断定されている訳ではありません。

 

 

陰茎癌になりやすい人

陰茎にがんになりやすい人は、衛生面で清潔な状態を保てない人ですから、

包茎の人は陰茎癌になりやすいと言えます。

 

 

真正包茎は一番危険ですね。

 

 

ただ、陰茎癌は60歳以上の高齢者になる事が多く、

若年層ではあまりかかる事は有りません。

 

 

とはいっても、「年を取ったから陰茎癌になっても全然OK!」

なんて事は有りませんから、若いうちに予防しておくことが大事ですよね。

 

 

陰茎癌の予防には包茎治療が最適

陰茎癌の予防は清潔な状態を維持する事です。

 

 

清潔にしておくためには、汚れがたまらない様にすることや、

細菌が繁殖しにくい環境を作っておくことが大事です。

 

 

その為には包茎をきちんと治して陰茎癌予防をしましょう。

 

 

包茎を治すには、自分で中途半端に治すよりも、

専門クリニックでしっかりと包茎手術をして治す事をおススメします。

 

 

陰茎癌になると最悪の場合は陰茎を切除してしまわないといけません。

 

 

いくら高齢になって性的に使用する事が無くなっても、

男性のシンボルが無くなるのは寂しいですし、

排尿にも影響が出てしまいますからね。

 

 

陰茎癌の予防にも包茎手術を検討されて下さい^^

包茎手術のメリットはなに?手術を受けてもデメリットが多い?