Pocket

包茎卒業したいと思う事はしばしばありますよね。

 

 

見られても恥ずかしいし衛生面でも臭いの問題が有るなど

包茎である事のメリットはほぼ有りませんからね。

 

 

包茎の治療は色々な方法が有ります。

 

 

自分で出来るものから、人に頼るものまで。

包茎卒業する為の方法をまとめてみました。

 

 

包茎のデメリット

包茎にはデメリットが多く存在します。

詳しく見てみましょう。

 

 

衛生面

包茎で一番の課題が衛生面ですね。

 

常に皮に覆われている事で、汚れがたまってしまい、

悪臭や菌の増殖に繋がります。

 

性病や亀頭包皮炎や尿路感染症にかかりやすくなる事があり、

最悪の場合は陰茎癌になってしまう事も有ります。

 

 

 

成長が止まってしまう

包茎の方はペニスが小さいという統計が有ります。

 

常に皮をかぶっている事で、

陰茎の先から根元に向けての圧力が

掛かったような状態になります。

 

上から押さえつけられていると伸びようとしても

充分に伸びられず、結果、陰茎の成長が止まってしまいます。

 

陰茎が大きくなれなければ、

余計に包皮が余った状態になりますから

包茎は治りません。

 

 

恥ずかしい

風呂や彼女に見られると包茎がばれてしまい、

いじめられたり、印象が悪くなることが有ります。

 

まだまだ『包茎=不潔』といったイメージがありますので、

包茎のせいで振られたなんて声も良く聞きます。

 

 

 

包茎を卒業する方法

では包茎を卒業する方法を紹介して行きます。

 

 

包茎を卒業するには自分で包茎を治すか、

手術など他人の力を借りるかの方法があります。

 

 

また、包茎の治療方法として、

剥けた状態を維持させる様にするか、

陰茎を長く大きくして包皮が戻らない様にするかのどちらかです。

 

 

自力で包茎を卒業する方法

自力で包茎を卒業させる方法は、手軽でコストも低くつきます。

 

 

その分、包茎を卒業するまでには

非常に長い年月が必要になり、

また、卒業出来るかどうかすらわかりません。

 

 

良く知られている簡単な自力で包茎を卒業させる道具

 

輪ゴム

輪ゴムを包皮を剥いた亀頭の根元にまきます。

 

これだけですが、

皮が戻るのを防ぎ剥き癖を付ける様にします。

 

市販の茶色いゴムだとかなり痛いので、

ヘアゴムなどを使用しましょう。

 

簡単でコストもかかりませんが、

見た目に問題があり、効果もほとんどありません。

 

 

ばんそうこう

 

輪ゴムと同じように剥いた状態で亀頭の下を固定します

皮が戻るのを防ぎ剥き癖をつけます。

 

輪ゴムより安全で痛くありませんが、

外すと元に戻ってしまい効果は有りません。

 

 

器具を使用する

輪ゴムやばんそうこうよりも安全性を考えて作られたのが、

包茎治療専門器具が有ります。

 

包茎リングなどがそうですね。

 

こちらも輪ゴムと同じような扱いで、

包皮を戻らないようにして剥き癖を付けるのですが、

結局外すと元に戻ってしまいます。

 

 

ペニス増大サプリを利用する

ペニスを長くすることで、包皮よりも亀頭をが長くなり

包茎状態を作り出します。

 

 

その為にペニス増大サプリがあるのですが、

効き目がイマイチ信用できません。

 

しかも高額ですが、一度飲んだだけでは効果がでず

飲み続けてやっと効果が有るかどうかです。

 

しかも上述しましたように

包茎状態では成長が抑制されやすいので、

増大サプリを飲むなら、

包茎を治してからの方が良いかもしれませんね。

 

 

トレーニング(ちんトレ)

ちんトレですが、

  • 牽引法
  • ジェルキング
  • ミルキング

この3種類が主流です。

 

方法はココでは説明しませんが、

専用器具が用意されているものも有ります。

 

ただ、効果は半年間毎日続けてあるかないかという、

時間と根性が試されます。

 

お金はかけずにもできるので

一円も掛けずに大きくして包茎を治すという方は

この方法がおススメです。

 


注:良い子は真似しないで下さい(笑)

 

他人の力で包茎を卒業する方法

他人の力で包茎を治すには、包茎手術しかありません。

 

 

包茎手術は最後の手段と思われていますが、

今では一般的な手術になりつつありますので

包茎手術は最終手段でもありません。

 

 

また、手軽な包茎手術として切らない手術もありますので、

もっと気軽に手術を選択する事も出来るようになってます。

 

 

 

包茎を卒業するなら手術が一番

包茎治療をまとめるとこんな感じになります。

難易度  コスト 効果
自分でする 簡単 低い ほぼ無し
他人に任せる(手術) 簡単 高い 確実に治る

自分でするのであればコストはかかりませんが、

時間がかかり効果も感じられるかどうかです。

 

 

 

しかし、包茎手術なら費用は若干かかりますが、

日帰りの手術でその場で包茎と卒業出来ます。

 

 

今では安全性も確保されており

費用も抑えられるクリニックが増えていますので、

包茎を本気で卒業するなら包茎手術をおすすめします。

 

 

まずは無料カウンセリングで症状を確認してみて下さい。

ABCクリニックのカウンセリングは本当に無料?高額請求はこない?