Pocket

包茎手術は一般的な治療になりつつありますので、

色々な所で手術を受ける事が出来る様になりましたね。

 

 

でも、それと同時にお金儲けだけの為や

充分な技術が身についていないにも関わらず

包茎手術を行い、その結果、

手術前より見た目がひどくなったりする患者さんが増えてしまい、

再手術をしないといけない方も増えています。

 

 

包茎手術再手術を受ける場合

どんなクリニックでうければいいのか、

費用はどれぐらい掛かるのかを紹介します。

 

 

包茎手術の再手術するケース

包茎手術の再手術をしようか迷っている場合は、

再手術されら例を挙げていきますので、参考にして下さい。

 

また被ってくる

包茎手術をうけたにも関わらず、

また包皮が被ってくることが有ります。

 

原因はいくつかあり、

・切る量が少なかった

・切る量の測定ミス

・陰茎が埋没してしまうため

などなど

 

再手術をする場合は、再度検証が必要になりますので、

技術力の高い医師に相談しましょう。

 

 

傷口が目立つ

医師によっては縫い方が荒く、皮膚切除のデザインが悪いと、

ツートンカラーや、縫い目が目立つことがあります

 

包茎手術の再手術依頼で非常に多いパターンが

ツートンカラーの修正の様です。

 

 

クランプ法の修正

クランプ法の欠陥は、後日

傷が硬質に盛り上がってしまう事があります。

 

その為傷が目立ってしまいます。

 

 

変形修正

背面切開法で、包茎状態よくなるのですが、

包皮が亀頭の横や裏側にたまってしまい、

明らかに人工的な形に陥ることが多く、

最悪の場合に再手術を希望する患者さんが多い様です。

 

保険診療で包茎手術を行なった時に、

起こる事が多いと言われています。

 

 

包皮のリング状腫大

包茎手術後、亀頭の好くしたが浮輪のように

腫れてきてしまう事があります。

 

すぐであればマッサージをして改善するのですが、

ぶよぶよしていた状態が硬くなってしまうと

再手術をしなければ治りません。

 

 

ペリカン腫大変形

包茎手術後、亀頭の下側の裏筋が

腫れあがってしまう事が有ります。

 

ペリカンを横から見た状態ににているので、

ペリカン腫大とかペリカン変形と呼ばれているそうです。

 

こちらも、すぐにマッサージをすると

改善されることがおおいのですが、

やはり硬くなってしまうと再手術が必要になります。

 

 

その他、増大手術の失敗など

増大手術などで、陰茎にワセリンやリパスを注入した後、

形が変形してしまう場合が良くあります。

 

また成分が良くわからない医療用注入材などを注入し

数年後にぼこぼこになったり

塊のようなものが出来てしまったりします。

 

非常に困難な再手術になりますので、

ベテランで経験豊富な医師に相談が必要です。

 

 

 

包茎手術の再手術はどんなクリニック選びが必要?

包茎手術の再手術は、通常の包茎手術とは違い、

上記の様に様々な例があり、大変難しい手術になります。

 

 

その為、再手術には技術力があり、

再手術例が多いクリニックを選ばなければいけません。

 

 

先ほども再手術が難しい手術である事は伝えましたが、

再手術例が多いクリニックを選べば、

技術力のある医師に自然と合う事が出来るとも言えます。

 

 

そこで、再手術の依頼が多いクリニックと言えば

ABCクリニックです。

 

 

ABCクリニックは再手術件数が年間で3000件以上です。

 

 

 

他のクリニックでも再手術はしていますが、ここまで

多いクリニックは他に有りません。

 

 

包茎手術の再手術費用

再手術の費用はABCクリニックの場合、

他院修正再手術 100,000円~です。

 

 

これは相場が15万円~20万円程度ですからそれとくらべても

かなり安い金額と言えます。

 

 

また、ABCクリニックでは

更にお得なキャンペーンも常に実施しています。

 

ABCクリニックは 割引有り!?『3、30、3(サンサンサン)』プロジェクトとは?

 

 

再手術件数も多く技術力があり、費用も安く抑えられるなら、

これ以上のメリットは無いと思います。

 

 

まずは無料カウンセリングを行っておりますので、

あなたの状態を相談してから決めて下さいね。

 

ABCクリニックのカウンセリングは本当に無料?高額請求はこない?