Pocket


包茎手術
は誰にもばれないように日帰りでそっと受けたい手術ですよね。

 


 

クリニックや手術内容によって日帰りが出来る出来ないが有ると困りますし、

実際に包茎手術は日帰りで受けることが出来るか気になる所です。

 

 

ここでは、包茎手術日帰りで行うことが可能か、

また術後の仕事復帰について解説します。

 

 

包茎手術日帰り可能?

包茎の定番の手術と言えば、

  • 亀頭直下埋没法
  • 環状切開
  • 背面切開
  • クランプ法

ですが、日帰りで手術可能です。

 

 

他にも、様々な手術が有るのですが、

基本的には日帰りで出来る手術です。

 

 

入院が必要なく、1日あれば包茎手術が受けられるのは魅力ですね。

仕事帰りに施術を受けることも可能です。

 

 

包茎手術は専門のクリニックで受ける様にしましょう。

 

関連記事

包茎クリニックの選び方で成功か失敗か決まる!?失敗すると大変!!

 

 

包茎専門クリニックでの診察の流れ

予約

ホームページや電話から事前にカウンセリング予約しましょう。

 

 

カウンセリング

実際にあなたのペニスを見て、「どの手術方が良いのか?」「いくらかかるのか」「支払い方法はどうするか」キチンと教えてくれます。

 

 

手術

包茎手術は30分から1時間程度です。

 

 

注意点や説明

手術後は、手術についてや今後の生活についての説明、注意点を確認します。

 

 

アフターフォロー

術後に腫れや痛みや気になる事があればアフターフォローをし、抜糸が必要な場合は2週間ほどで再度来院します。

 

注意!!

アフターフォローは基本的には手術費用に含まれているので、追加費用は発生しませんが、中には追加費用をとるクリニックもありますので、カウンセリング時に確認しておきましょう。

 

 

 

 

包茎手術は基本的に日帰りOK

包茎手術は様々な種類が有ります。

 

  • EST式複合法包茎手術
  • Vカット小帯温存法
  • クランプ法
  • 亀頭直下埋没法
  • 環状切開術
  • 根部環状切除術
  • 前部環状切開法
  • 複合曲線作図法
  • 埋没陰茎矯正術
  • 無痛4段階麻酔法

 

包茎の状態が、仮性包茎や真性包茎、カントン包茎であるかなど、

どのような包茎の種類に該当するかによって、

その手術法が異なりますが、

どの手術も基本的に入院不要で日帰りが出来ます。

 

 

 

包茎手術を受ける際は、事前にクリニックでカウンセリングを受け、

あなたに合った最適な包茎手術を提案してもらうことが大切です。

 

 

包茎手術から復帰までの日数

包茎手術を受ける際に躊躇してしまう理由のひとつに、

仕事に復帰するまでの期間が一体どれくらいであるか気がかりですよね。

 

 

これについては、仕事内容によりその期間は異なります。

 

 

デスクワークが主体の方であれば

翌日から問題なく業務に就くことができます。

 

 

しかし、肉体労働である場合は、下半身をも動かすことになるため、

最低1週間は仕事をお休みすることになります。

 

 

また、包茎手術はデリケートな部分の手術となることから、

感染症や炎症等のリスクを考慮し、

スポーツなども1週間は禁止する方が良いでしょう。

 

 

性交渉についても1ヵ月はできません。

 

 

切らない手術、切る手術ともに、包茎手術を受けた後は、

当日は少し痛みが残り、3日目までは刺激に対する痛みを感じやすくなっています。

 

 

術後3日目からはシャワーや飲酒なども可能となり、

術後7日目以降となれば、入浴や軽い運動は行っても良いとされています。

 

 

しかし、自慰行為や性行為、また、激しい運動については、

1ヵ月間は厳禁です。

 

 

その間に性行為等を行ってしまうと、傷から細菌が侵入し、

思わぬ病気を引き起こしてしまう原因となるため、

術後の生活には十分に注意しましょう。