Pocket

包茎不妊の原因の一つとして考えられてい事は、

あまり知られていませんが、

実は一つの要因として挙げられています。

 

 

しかも、その理由は3つも有ります。

ここでは包茎不妊の原因になるのはなぜか解説していきます。

 

 

包茎が不妊の原因になるのはなぜ?

包茎が不妊の原因として挙げられるのは

3つの考え方が有ります。

 

 

性行為自体に抵抗が有る

1つは性行為時に男性が痛みを感じてしまい、

性行為自体回数が少ない場合や、性行為自体をしない場合があげられます。

 

 

回数が少なければ、それだけ妊娠する可能性も少なくなってしまいますよね。

 


 

 

感染症にかかり不妊になる

包茎は性感染症にかかりやすくなっています。

 

 

これは、包茎が不潔な状態である事が原因なのですが、

恥垢や汚れが細菌のエサになり、

細菌が繁殖する事で性感染症にかかりやすくなってしまいます。

 

 

性感染症と言えば、クラミジア、淋病、梅毒などがそうなのですが、

これらは、不妊の原因になる菌と言われています

 

 

例えばクラミジアは、菌が女性の卵管に引っ付いて、

卵管を狭めてしまったり最悪はふさいでしまいます。

 

 

そうなると精子が通れなくなり、不妊になります。

 

 

また淋病は、お腹の中であちこちに炎症をおこす悪い病気です。

そのせいで、卵管が詰まりを起こしたり、子宮内膜症を悪くさせたりします。

 

 

そして梅毒や膣トリコモナスなども不妊に繋がります。

 

 

包茎が直接病気にするわけではありませんが、

包茎であることで性感染症のリスクが高くなり、

不妊になるという事ですね。

 

 

 

包茎の皮が邪魔をして不妊になる

そして3つ目が、包皮が邪魔をしてしまい、

充分な量の精子が放出されなくて不妊になっているケースです。

 

 

 

包茎治療専門の上野クリニックでも、このような見解をされています。

 

 

真性包茎の場合、日常生活・性生活に非常に大きな影響があります。

仮性包茎やカントン包茎にみられる精神的・肉体的なリスクがあることに加え、真性包茎の場合、包皮が邪魔をして射精しても子宮に十分量の精子が届かず、不妊の原因となるなど、生殖行動自体への障害となることがあります。

上野クリニックホームーページより引用

 

 

この様に包茎が直接的な原因になっている訳ではありませんが、

包茎で有る事で、性感染症で不妊の原因を引き起こしたり、

妊娠の確立が下がっってしまうので、

包茎を治療する事で、妊娠しやすくなるとも言えますね。

 

 

包茎が原因の不妊はすぐに解決出来ます。

包茎が原因で不妊だという事であれば、

包茎を治す事で妊娠の可能性が上がりますから、

すぐに治す方が良いですよね。

 

 

包茎を治す手段は自分でする方法もあるのですが、

時間がかかりすぎてしまいます。

 

関連記事

包茎を卒業したい!確実に包茎を治して一皮むける方法とは

 

ですので、時間が掛けずに確実に

包茎を治すには手術が一番早く治せます。

 

 

「手術はなかなか踏ん切りがつかない。失敗が怖いし」

と思われるかもしれませんが、

包茎手術と言っても、切る手術だけではなく

切らない手術も有ります。

 

関連記事

包茎手術の切らない手軽な手術は効果なし?メリットとデメリットとは

 

 

切らない手術はメスを使わないので、

術後もすぐに日常生活に戻る事が出来ます。

 

 

費用も通常の切る包茎手術より安くなっているので、

気軽に受ける事が出来ます。

 

 

不妊に悩んでいて包茎が原因かもしれないのであれば、

包茎手術を検討してみて下さい。

 

 

無料カウンセリングも実施していますので、

まずは相談する事が、妊活の第一歩にもなりますね。

 

ABCクリニックのカウンセリングは本当に無料?高額請求はこない?