Pocket

包茎病気になりやすい状態でもあります。

場合によっては深刻な病気となり得ることもあるため、

早急に対応する必要があります。

 


真正包茎はその状態自体を病気と言われる事も有りますが、

包茎の状態だからこそ、かかってしまう病気は非常に多いですよね。

 

 

ここでは、包茎で起きる病気や、

病気にならない為にどうすればいいかを紹介します。

 

 

包茎で起こる病気とは

包茎は様々な病気の原因になってしまいます。

似たような症状が無いか見てみて下さいね。

 

 

亀頭包皮炎

亀頭包皮炎は、亀頭と包皮の間にカンジダ菌といった細菌が侵入し、

炎症を起こす上、亀頭が赤く腫れ上がることで

排尿時に強い痛みが生じ、

膿がたまってしまうなどといった症状に

悩まされることになります。

 

 

亀頭包皮炎となった場合は、

適切な治療を行わなければ完治しません

 

 

実際には包茎の男性によく起こる病気である為、

予防も難しいと言われています。

 

 

 

亀頭が包茎により隠れてしまう為、完治を待たずに再発を繰り返す、

また、悪化するという方がほとんどです。

 

 

このまま亀頭包皮炎を放置することにより、

閉塞性乾燥性亀頭炎や、

陰茎ガンにつながる場合があるため、注意が必要です。

 

関連記事

亀頭包皮炎が痛い!再発を繰り返のはなぜ?予防はできるの

 

 

閉塞性乾燥性亀頭炎

亀頭包皮炎を放置したことにより、症状が進行し、

切開手術が必要となることがあります。

 

包茎の方は、この閉塞性乾燥性亀頭炎になりやすく、

包茎手術がすすめられます。

 

 

陰茎ガン

陰茎ガンは、ペニスに生じるガンです。

 

 

発症する方の多くは男性に見られます。

 

詳しくはコチラに書きました

包茎が陰茎癌の原因になる?がん予防には包茎治療が必要。

 

 

尿路感染症

尿路感染症は成人男性が罹患することが多く、

これは、包茎によって不衛生な状態が続き、

細菌が繁殖したために起こることです。

 

 

尿路感染症を放置すると、尿路から細菌が血液が入り、

それが命の危険に関わる可能性があるため、注意が必要です。

 


尿路感染症には、発熱を伴う上部尿路感染症と、

発熱のない下部尿路感染症があります。

 

 

ケーラー紅色肥厚症

ケーラー紅色肥厚症は、亀頭部分が赤みを帯び、

ビロード状になる病気です。

 

 

これは、亀頭と包皮野間に恥垢がたまって雑菌や細菌が

繁殖や増殖を繰り返したことが原因で起こります。

 

 

初期段階ではほとんど自覚症状がありません。

 

 

しかし、治療が遅くなると陰茎ガンに進行する可能性が高く、

亀頭に恥垢が溜まりやすい包茎の男性は要注意です。

 

 

〇勃起不全

包茎であることをコンプレックスに思っている男性によくある病気のひとつに

精神疾患であるED(勃起不全)があります。

 

 

これは、自分の包茎を他の人に見られることが恥ずかしい、

異性にどのように思われているのかなどを考えれば考えるほど、

精神的な疾患を患うことになり、ED(勃起不全)を起こしてしまいます。

 

 

ED(勃起不全)は、セックスを行う間、ペニスの勃起を維持させることができず、

満足のいく性交が行えないことを指します。

 

 

このEDについては、軽度から中度、重度に段階があり、

放置していても改善することはありません。

 

 

包茎で病気になると大変な事になる?

上記に、包茎が原因と言われている病気を書きましたが、

これらの病気になると何がいけないのでしょうか。

 

 

まずはあなた自身が病気の痛みや腫れ、

また、治療までの間は安静にしておかなければいけませんから、

性行為なども出来ませんよね。

 

 

中には、亀頭包皮炎の様に再発してしまうものも有り、

いつまでも痛みを我慢し続けなければいけないなど、

非常に困難な状況に陥ってしまいます。

 

 

また、ペニスに細菌を保有している状態で、

性行為をすると、細菌が女性のお腹の中で繁殖し、

卵管を腫れさせたり、ふさいだりし不妊の原因にもなります。

 


包茎だから病気になるわけではありませんが、

包茎だから病気になりやすい状態ではありますので、

「将来絶対子供が欲しい!」

「病気になって最悪の場合はペニスを切断したくない」

そんな思いが有れば、包茎は確実に治しておかなければいけない

と思います。

 

 

包茎で病気にならない為の対策

このように包茎であることで様々な

病気を起こしてしまう場合によっては不妊にもなってしまう事も

理解して頂けたでしょうか。

 

 

包茎で病気になった場合はすぐに泌尿器科に行き、

診察してもらうしかないのですが、

何よりも大事な事は

病気にならない為に、適切な包茎治療を受けることです。

 


包茎を治すには、自分でする方法も有りますが、

確実に包茎から露茎の状態にするには、

包茎手術が一番です。

 

 

包茎手術を受け、正常なペニスの状態を維持することができれば、

これらの病気を予防することができ彼女やお嫁さんが

不妊になってしまう可能性もぐっと下がります。

 

 

ぜひ病気や不妊を少しでも避けるのであれば、

包茎手術も検討してみて下さいね。

 

包茎手術のメリットはなに?手術を受けてもデメリットが多い?