Pocket

亀頭包皮炎治らない原因包茎だからです。

 

 

包茎でなければ亀頭包皮炎にならないのは

原因を知ればわかります。

 

 

ここでは亀頭包皮炎包茎の関係性や

治らない原因、予防法を紹介します。

 

 

亀頭包皮炎とは?

亀頭包皮炎は亀頭と包皮の間に細菌が繁殖してしまい、

粘膜に炎症が起こる事で発症する病気です。

 

 

症状は腫れや痛みですが、重症化するとただれたり

膿が出てしまい、排尿時に痛みを伴う事も有ります。

 

 

亀頭包皮炎は亀頭に包皮が被っている状態でおこるので、

包茎だからこその病気と言えますね。

 

 

ですので、包茎を治療する事で亀頭包皮炎は防げます。

 

 

亀頭包皮炎が治らないのは包茎が原因?

上述していますが、

亀頭包皮炎は亀頭と包皮の間に細菌が繁殖する事が原因ですから、

いわば包茎の方だけがかかる病気です。

 

 

ですので、包茎が亀頭包皮炎を起こす原因と言えます。

 

 

亀頭包皮炎を予防するには、細菌が繁殖しない状態を作る必要が有りますので、

まずはきちんと包皮を剥いて、汚れや恥垢を洗い流しましょう。

 

 

汚れや恥垢は細菌のエサになり繁殖しやすい状態です。

また蒸れる状態も繁殖に繋がりますので、

清潔で乾燥した状態を作れれば、亀頭包皮炎にはかかりにくくなります。

 

 

ただ、逆に洗いすぎて傷がつき、菌が繁殖する場合も有りますので、

注意が必要です。

 

 

亀頭包皮炎が治らない重症化すると・・・

亀頭包皮炎を放っとくと慢性化してしまい、

非常に重い症状である閉塞性乾燥性亀頭包皮炎になってしまいます。

 


そうなると包皮が縮小してしまうことになり

真性包茎の様に変化し、あげくの果て尿道炎に陥ります。

 

 

こうなってしまうと、薬では治せなくなり、

手術しかありません。もちろん性行為も不可能です。

 

 

包茎の手術と尿道口の手術といった

ハイレベルな技術力がが必要になってしまいます。

 

 

亀頭包皮炎は初期段階で治療しておけばすぐに治りますが、

放置しておくと危険な病気に繋がります。

 

 

ですので、治す事も大事ですが、

何より亀頭包皮炎にならない事が大事ですね。

 

 

包茎を治せば亀頭包皮炎にかからない

何度も言いますが、亀頭包皮炎は包茎の人にしかならない病気です。

 

 

ですので、亀頭包皮炎に何度も罹ってしまう、

治らない方は包茎を治す事が先決です。

 

 

重症化すると陰茎癌にもなるのですから、

軽く見ているのは危険です。

 

 

特に、真正包茎の方は剥くことが出来ず、

菌が繁殖し放題ですから、

出来るだけ早く手術を受ける事をおススメします。

 

 

包茎手術には他にもメリットが多くあります。

コチラの記事でチェックしてみて下さい^^

⇒包茎手術のメリットはなに?手術を受けてもデメリットが多い?